teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


1月28日昼席『袈裟御前』と新作台本入選作『顔だまし』

 投稿者:明彦  投稿日:2015年 2月 9日(月)00時33分48秒
  ・『袈裟御前』実は師匠でうかがうのは初めてでした。最近談志家元『源平盛衰記』と師匠の『源平粋性記』を聴き比べていますが、地噺は「脱線を支えるだけの薀蓄=歴史観」が物を言うのですね。
海外旅行に出た夫婦の小噺、好きです。そして「盛遠が暴走したのは挫折を知らないエリートだったから」という一言、「報復の連鎖」を拒否した袈裟の夫、そして生き長らえたからこそ罪の意識に苦しむ文覚の姿が印象に残りました。
・『顔だまし』やはり平成生まれの若者が書いたとは思えない擬古典で、師匠の口調によく乗っていました。何やらマニアックな空気を共有してしまいましたが、落語を初めて聴く人がいるかもしれない会場では、演出も変わって来るのでしょうね。
「平成の楳図かずお」伊藤潤二氏に『顔泥棒』というホラー漫画があります。顔を好きなように変えられる少女(つまり化け物です)が、追い詰められた末にその顔を崩壊させてしまうというお話ですが・・・。
「顔がなくなる」「同じ顔の相手が現れる」これは恐怖に他ならないのですから、「あっけらかんとした怖さ」がもう少し出てもいいのではないでしょうか。
ちなみに「スキーの替え歌」、四十年ほど前に学研の雑誌の投書欄で知りました。個人の創作ではなかったのですね。
 
 

赤ペンチェックです

 投稿者:影丸  投稿日:2015年 1月11日(日)12時30分24秒
  1月5日のダイアリーの笑福亭三嬌というのは笑福亭三喬の間違い? ここ数年読書家の師匠に負けないように、仏教関係の本を読んでいます。空海が初めて書いたという本など、勉強になりますね。落語にもある「お文さん」が切っ掛けで、『蓮如「御文」読本』(講談社学術文庫)も読んでみました。独演会での縁さんのデビューには是非行きたいですね。今年もよろしくお願いします。  

有り難うございます。

 投稿者:笑福亭松枝  投稿日:2014年12月24日(水)04時31分6秒
   影丸先生、招待券、届きました。有り難うございます。いつもすみません。良い年末年始をお過ごし下さいますように。  

気になさらずに

 投稿者:影丸  投稿日:2014年12月21日(日)21時20分43秒
  今日23日からの招待券送りましたので、2月時間があれば寄ってみてください。  

お心遣いスミマセン。

 投稿者:笑福亭松枝  投稿日:2014年12月21日(日)09時12分50秒
   来年二月に東京日ノ出町、埼玉県吉川市で仕事があります。しかし又、無駄にしてしまうと申し訳なくて…。今年もお気遣い有難うございました。

 

江戸での遭遇無しでしたね

 投稿者:影丸  投稿日:2014年12月19日(金)21時52分55秒
  今月の23日から来年の3月8日まで、肩書きのない人生がスタートします。もしこの期間に東京に行かれることがあれば、招待券などを送りましょうか。何年か前のように、新幹線の中でばったりということもまたあるかもね。  

久しぶりの彦八祭り

 投稿者:影丸  投稿日:2014年 9月 7日(日)11時58分12秒
  昨日久しぶりに彦八祭りに行きました。残念ながら師匠にはお会いできませんでしたが、奥方と少し話ができました。縁さんともちょっこっとだけ話をしました。十年ひと昔と言いますが、浦島太郎になった感じですね。来年ぐらいから、米朝師匠の「上方落語地図」を片手に、いろいろな場所を歩いてみたいものです。  

大盛況おめでとうございます

 投稿者:明彦  投稿日:2014年 6月23日(月)23時37分43秒
  『立ち切れ』米朝・五代目文枝両師匠のライブには間に合いませんでしたが、それぞれの高弟で何度かうかがいました。
ちょっと残念なことに?一番泣かされたのは、江戸の入船亭扇辰師匠だったのですが・・・。
師匠の口演は、これまでうかがったどの方のものとも違っていました。
若旦那は極道でもアホでもなく、あくまでも純真で優しい若者であり(失礼ですが意外にも?はまっていました)、
番頭は冷徹ではなく、実はそんな主人を心から気遣い温かい目で見ていた。
それなのになぜ、取り返しのつかないことが起こってしまったのか。
師匠のオリジナルと思われる小糸の「なぜこんな家に生まれたんやろ」という呟きは、
溝口健二の名作『祇園の姉妹』のラスト、若き日の山田五十鈴御大の血の出るような叫びを連想させました。
(あの映画は内容はむしろ『三枚起請』に似ているのですが)
大ネタ・名作と言われることに納得しながら、どこか割り切れないものも感じていたあの噺が、
限界のある「時代」や「仕組み」の中で懸命に生きている人々の姿なのだと、初めて分かりました。

縁さんとちょっと言葉を交わせましたが・・・入門のきっかけが『てれすこ』とは、尋常ならざる感性の持ち主のようですね。
「縁さんを守る会」を結成せねばと思いました。誰から何を守るのかは、よう分からんのですが。
 

よっしゃ!一杯呑んで、寝れます

 投稿者:ガーデン  投稿日:2014年 6月11日(水)22時26分19秒
  アタアタアタ当たた当たた!
コクテール=カクテル、当てれたやなんて、高津さんの富に当たるより嬉しおす!
なら、つるバラですね。元気になったら、辺りに絡み出すかも知れまへんな。
酔うてのことやないので、何かつかまれるものを手配りしてやって下さい。

ハット、ヒヤリ、ホッと!とは、こらまた、よう出来てますな。
ええネタになった、で、ニヤリが、ほんまのとこと推察致しまっせ。
着物を忘れたら、貸衣装屋というのは、勉強になりました。こういうのがあるから、
ひと様が書いたものを読むのはやめられません。
 

いつもすみません。

 投稿者:笑福亭松枝  投稿日:2014年 6月10日(火)09時21分41秒
   影丸様、八方先輩のところへ繁昌亭でお茶子をしていた女性がこの程入門したようです。益々増々!
 ガーデン様、バラは全て女房が買ってきたもので…。
 名前は札が付いていました。”コクテール”?仰せの通り古い枝を払いました。
 近いうちに植え替えも土もお教えのように…。怠け者に買われてウチの植物はホント気の毒…。
 

レンタル掲示板
/26