teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


25日のフォーラムのチケットあります

 投稿者:wakasa  投稿日:2017年11月20日(月)23時07分53秒
編集済
  またまた申し訳ございません。3枚チケットがあります。
2枚は行き先が決まりました。
一枚が残っています。

何方か助けてください。
最後の最後まで申し訳ございません。

ご連絡お待ちします。
happylifelucky@gmail.com
 
 

11/25国際フォーラムチケット

 投稿者:HIRO  投稿日:2017年11月20日(月)21時25分48秒
  早速2枚見つかりました。
有り難うございますm(_ _)m

引き続き残り2枚探してます。
 

11/25国際フォーラムチケットあります

 投稿者:HIRO  投稿日:2017年11月20日(月)19時37分51秒
  一気に冬になりましたね。
ツアーも残すところフォーラム2DAYSのみとなって何だか寂しいです。

友人が急遽11/25日行けなくなってしまって…ペア2枚が2セット?合計4枚行き場を失ってます。
何方かいらっしゃったら連絡お待ちしてます。
お席はご希望者にお教えしますが、そんなに前方ではありませんがセンターブロックです。

空席だけは避けたいので宜しくお願いします。

hiro0725foryou@gmail.com

最終日皆様とお会い出来るのを楽しみに飛んで行きます(^.^)(-.-)(__)
 

紅白選曲

 投稿者:  投稿日:2017年11月20日(月)16時38分42秒
  ♪グランパは紅白では未だ歌われていなかったのですね
そうなら♪グランパと予想します。

 

HIROMASA

 投稿者:続・大阪徒然日誌  投稿日:2017年11月20日(月)12時06分0秒
  梅田の地下街は日曜日とあって、若い男女やら年配夫婦やらで大賑わい。
早や年末商戦を迎えたのか、大きな紙袋を抱えた女性が、歩きスマホで迫ってくる。
ひ弱な私が突き飛ばされそうで怖いこと。

ところが一転、ビジネス街の堂島に至ると、どこもシャッターが下りて淋しい限り。
見えるのは、真梨子さんのコンサートに向かう人ばかり。(11月19日、フェスティバルホール)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆お帰りモード?

幕が開いたのはジャスト5時。幕が閉じたのもジャスト7時。
どちらも1分とたがわず、ストップウォッチで計ったような本日の公演でした。

「初めての人?」
「そんなに? でもこの歳だから、これからも・・・なんて言えないね」
とだけ呟いて、この話はオシマイ。

「どちらから?」
と問えば、「○○から来ました~!」のお馴染みの声援が飛びます。
ところが、「あのお兄さんは・・・」とか、「あの青年はね・・・」とか、いつもは付ける説明もナシ。

「私と同じ位の年齢?」
大きな拍手が鳴るも、
「それ、やばいよ」でオシマイ。

かくして、いつもの話題を出すも、その話を発展させることなく、あっさりまとめてしまうから、テンポが速い。
淀みない進行は“流し素麺”のごとし。少ないお喋りは“ツマのない刺身”のごとし。

と言っても、決して手抜きをしている訳ではないので誤解なく。むしろ間延びしないから小気味いいのです。
今宵の歌姫は、めでたく伊丹発最終便でお帰りのことでしょう。

◆加齢の法則

腰に手を当て、グルリと後ろを見回した歌姫がポツリ。
「うちのヘンリーバンドも、歳をとったねえ」

「見た感じでは、若そうな人もいるけど・・・」
「見た目に一番歳をとってるのは、キーボードのジジイだね」

歳の話題に気が気でないのはヘンリーさんで、またぞろ歳の話題が降りかかってくるかと戦々恐々。
「年寄りは、あっち。あっちです!」
とばかり、背後の小松崎爺に向かって、二丁拳銃よろしく両手で指さすのに懸命。

やっと火の粉を払うと、やおら客席に向きを変え、マイクを引き寄せて静かに語ります。
「もう少しで師走ですねえ。早いですねえ」
「時の流れが速いと感じる方、いますぅ?」

すると、パチパッチという大きな拍手が会場に響きます。
「ははん。さっき真梨子さんが言ってましたが、同じような歳なんですね」

「歳をとるにつれて、時間の進みが速く感じるそうですよ」
年の進みが速いと感じるのは自分だけでないと、妙に安心する様子が見え見えでした。

「真梨子さんも来年で45年ですから、オリジナルのアルバムを出します」
「6月ですよ、6月! 忘れないでくださいね」

「ここにいる皆さん全員が買ってくれたら、オリコンの上位にいきますよ」
本日も営業部長は販促活動に余念がありません。

◆ありがとう

“ありがとう”では、ステージ上の真梨子さんが、左腕を挙げて左右に振りますね。
それに合わせて振る人。真梨子さんが腕を下ろしても、ずーっと振っている人。
片腕を振る人、両腕も振る人。

それぞれのお客さんが、それぞれのやり方で、楽しんでいるようです。
その光景は、海にうねる波のようです。大波もあれば小波もある。

こんなふうに、自分の歌声に呼応してくれるのは、とても嬉しいこと。歌手冥利に尽きるというものでしょう。
考えてみれば、人を感動させることができるのは、幸せなことです。常人では努力しても叶わぬことですから。

ところで、私の少し前には、80を超えている白髪のご婦人がいたのですが、このイントロが鳴るや立ち上がり、体を揺らしながら楽しそうに腕を振っていました。

そして隣には、裏の世界に住むような、怖い顔をした年配の男性がいたのですが、なんと小首を傾げながら、嬉しそうに腕を振り始めるではありませんか。

おっかなびっくりだったのが、急に親しみを感じてしまいました。
それにつけても、そのギャップが可笑しくて、それはもう。

さて人というものは、悲喜を乗り越えて齢を重ねてくると、感謝という言葉の重みを感じるようになるものです。
真梨子さんにしても、この歌がリリースされたときよりも、“ありがとう”の意味合いが一層深まったに違いありません。

そして、その対象はヘンリーさんであり、バンドメンバーであり、ファンでもあるのでしょう。
ステージ上で歌う真梨子さんを見るにつけ、そんなことを心の中で噛みしめながら、歌っているように思えてなりません。

◆選曲は如何に?

「今年は大晦日も仕事が入っているんですよ」
「女性の組では最年長なんだそうです」
ヘンリーさんは、遠回しに紅白出場を話しますが、本音は嬉しい筈。

そうなると、焦点は選曲です。
ちなみに、この後のオフ会に場を移し、“そんな選曲で委員会”において討議しました。
既に歌った“桃色吐息”、“for you…”、“五番街のマリーへ”、“ごめんね”は除くとして・・・。

①広く知られている曲であること
真梨子さんファンのみならず、一般の人にも馴染みがなければいけない。
例えば“カイロから来た男”なんてのはダメ。
だって、視聴者の頭が?マークで溢れてしまうでしょ?

②明るい曲であること
多くの国民に希望を抱いてもらわなければいけない。
例えば“裏窓”なんてのもダメ。
だって、テレビが鎮座する居間が、お通夜みたいになっちまうでしょ?

③時節に合っている曲であること
今を生きる老いも若きも、親しめる曲がいい。
例えば、東京オリンピックが近いから“遥かな人へ”という有力意見が。
とは言っても、ちょいと古いのが、たまにキズか?

あーだ、こーだと、無責任な意見を述べ合うも決定打は見いだせず、委員会はあえなく解散。
選曲はヘンリーさんに一任するのみであります。

◆イワタニ踊り

“グランパ”の間奏でのこと。
真梨子さんの白いTシャツを来た若い男女6人が、袖から登場するではありませんか。

見れば、両手には赤と白のIWATANIの小旗。それを振りながら、真梨子さんを挟んで横一列になり、クルクルと踊り出すのです
ほどなく、上手と下手からスタッフが1人ずつ現れ、地球を描いた大きなゴムボールを頭上に掲げるのです。

本社が大阪ゆえ、今夜は岩谷産業の幹部が多数お見えのようです。
すると、これはイワタニ礼賛踊りか、はたまたPR活動か、はたまた来年もスポンサーをと、ヨイショしたのか。
これって、いったい何?

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

終演後は、堂島の地中海リゾートレストランで9人オフ会。
店内はオッサンには似合わない小洒落た造りで、周囲を見れば若い女性グループばかり。
しかも、テーブルのすぐ脇にプールがあって、仲間の誰かが溺れたらどうしようと心配。

食事といえば、熟成肉と若い肉を組み合わせたローストビーフ。牛肉と鰤のしゃぶしゃぶ。
ドリンクと言えば、ビールで乾杯、次いでスパークリングワインで乾杯、そんでもって赤ワインで乾杯。
もう何度乾杯したことか。いい気分に酔って、ドボンとプールに落下することもなく、無事解散したのであります。


 

HIROMASA

 投稿者:大阪徒然日誌  投稿日:2017年11月19日(日)11時00分21秒
  雨上がりの堂島。寒冷前線が過ぎたのか、夕闇が迫る頃にはグッと冷え込み、首をすぼめて行き交うコート姿が目立ちます。
ところが、ホールに飛び込んでみれば逆に暖かく、スタンディングに至ると汗ばむほど。たまらずセーターを脱いじゃいました。(11月18日、フェスティバルホール)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆グッタリ姿

「皆さん、今晩は~!」
お決まりのご挨拶に、会場のあちこちから飛び交う声、声、声。

「コンバンワ~!」
「マリコさ~ん!」

「おや、元気だねえ。その元気、もらったよ」
「お二階の皆さん今晩は~、三階の皆さん今晩は~」
「遠いけど、今日はそこにいるんだよぉ」

笑いが漏れる中、やおら足元を指さして、
「前の人、どんな気分?」
「サイコー!」

「そんな近くで見てると思うと、もうキンチョーしちゃうよ」
前列のお客さんの眼を気にするのは、いつものこと。しかし、お客さんに罪はない。

「でも、見られてるから、元気でいられるってこともあるね」
「見られなくなったら、こうだよ」

と言うや、背中を丸めて肩を落とし、両腕をダラリと下げ、頭を前に垂れて、グッタリしてみせます。
その姿、幽霊のごとし。ああ、見たくありません。

◆可愛い奥方、カッコいい旦那

「世界で一番可愛いんだってさ。世界で一番だよ~!」
何度聞いても、聞き飽きない。お世辞でも嬉しい。女心のいじらしさ。

「世界には可愛い人が、一杯いるのにね」
「そう思わないのは、ヘンリーさんだね」
クルリと振り返れば、そこにクラリネットを抱えた銀髪紳士。

不意打ちに、慌ててひと言発するのが精いっぱい。
「いや、思っていますよぉ~」

と、そこに会場に響くは黄色い声。
「ヘンリーさん。カッコいいー!」

それを耳にした黒スーツは、思わず頬を緩めてしまいます。
「おや、珍しく言われたね」

「まあ、いいや。また後で話そうね。吹いてもらわなくちゃいけないしね」
そう真梨子さんが言うや、この話題は打ち切りとばかり、ヘンリーさんはクラリネットを持ち上げてしまいます。
勿論奏でるは“ジョニィへの伝言”。

◆歳を取る

「さっき、ライトが当たったヘンリーさんだけど・・・」
「この16日で“74歳”になりました~!」
「どんどん歳をとっていくね。1秒1秒とっていくって、どんな気持ち?」

「いえボクは、歳を一つずつ“取って”るんです」
歳なんてへいちゃら。むしろ若返っているんだ、と言いたいんでしょう。
あと1年で後期高齢者? いや、まだまだ意気軒高であります。

振り返れば、例えば還暦祝いでは、真っ赤なギターをバンドメンバーからプレゼントされ、バースディケーキのロウソクを吹き消したものです。
しかし最近のヘンリーさんは、ステージ上での誕生日祝いは、意識的に避けているようです。

◆梅田ワンダリング

「ところで今年は、第二のフランチャイズ“大阪”に何度もやってこられて、嬉しいですね」
確かに、台風襲来による突然の延期もあって、来阪回数が多くなりました。

「飛行機が揺れたよ~!」
と真梨子さんが言うように、最近は東京大阪間に空の便を使うようになりましたね。
以前は、飛行機嫌いのヘンリーさんだから新幹線だったのに、心境の変化でしょうか。

「真梨子さんなんか、大阪が大好きなんですよ」
「東京じゃあ滅多に外出しないのに、大阪にくるとチョコチョコ出かけるんですから・・・。阪神百貨店とかね」

かつては、心斎橋あたりにホテルをとったから、近くのアメリカ村をぶらついて、アクセサリーなんか買ったものです。
最近はちょいと北にあがって、梅田界隈を徘徊のご様子です。さて、何を求めてるのやら。

◆黒のドレス

第二部のドレスが、メタリックシルバーから黒に変わりました。
パンツなのかスカートなのか、ツーピースなのかワンピースなのか、よくは判りません。

しかし見た目には、ワンピースのノースリーブ・ロングドレス。
変更前の煌びやかさとは打って変わって、シックな大人の雰囲気は、とってもお似合いです。

胸元にはキラキラ輝く飾り物が、シンプルな黒にアクセントを添えていました。
仲間うちでは、こっちのドレスが好評のようです。

ところが、肝心の真梨子さんは、このドレスを説明するでもなく、感想を述べるでもなく、何事なかったかのよう。
客席は、暖簾に腕押しでした。

しかし、今ツアーも終盤になったというのに、珍しいことですね。
もっとも、かつてのツアー中には、1度や2度は衣装変えがあったものです。

◆シンデレラ・オバサン

アンコールタイムの衣装までは変わらす、裾広がりのピンクドレスが、どよめきを誘います。

と、そこに野太い声。
「マリコさ~ん、大好きで~す!」

ちらっとヘンリーさんに視線を送って、
「うわっ。大好き、だってさ?」

そして、やおら前に向きを変え、その声のあたりに向かって、
「私も、好き・・・、です」

「こんなドレスを着させてもらって、ありがとう」
「“シンデレラ・オバサン”だねぇ」

今宵は、ハプニングもなく、お喋りも短めで、ちょうど二時間で幕を閉じました。
かといって盛り上がりを欠いたわけでもなく、真梨子さんもヘンリーバンドも、そして客席の誰もがスマートで、オトナのステージとなって次第です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

終演後は、マルビル内の和風居酒屋へ歩いて9人オフ会。
まずはプレモルで乾杯。その後のプレモルはピッチャーでのサービスに変更となり、ピッチャー交代を何度告げたことか。

食事といえば、シメジ、シイタケなど季節の野菜に牛肉の鉄板焼き。
ジュージュー湯気を立たせ、真梨子さんの衣装がどうの、新幹線から飛行機に変わった理由はどうのなどと、とりとめもない話題で楽しい宴となりました。

 

衣裳変更

 投稿者:LIONS  投稿日:2017年11月18日(土)20時44分50秒
  本日のフェスティバルホール
後半の衣裳が変わりました。

黒のロングドレスが素敵です。乞うご期待!
 

18日のフェスティバル

 投稿者:ARI  投稿日:2017年11月17日(金)23時49分1秒
  大変ご無沙汰しております。
wakasaさんの代わりに、応援に行きます!!!
よろしくお願い致します(*^_^*)
 

18日のフェスティバル

 投稿者:wakasa  投稿日:2017年11月17日(金)23時04分18秒
  会員の方が応援を代ってくださいました。
ありがとうございました。
 

東京チケット

 投稿者:LIONS  投稿日:2017年11月17日(金)14時46分9秒
  本日までに東京国際フォーラムのチケットは完売となりました。
ご協力ありがとうございました。

残るのは19日(日)「フェスティバルホール」1枚のみです。
行かれる方は、wakasaさんへご連絡ください。
 

新会員紹介

 投稿者:LIONS  投稿日:2017年11月17日(金)14時43分50秒
  ハンドルネーム「よんよん」さん。
栃木県の50代女性です。

お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

 

相手先が決まりました

 投稿者:WP99 【KEN】  投稿日:2017年11月16日(木)22時34分14秒
  行くことが出来なくなった11月26日の最終公演のチケット
相手先が決定したことをお知らせします。

この日に立ち会えないのは痛いですが,皆様の暖かい声援等で
千秋楽を飾ってくださることを祈念します。

http://blog.livedoor.jp/painter2000/

 

何を歌うのか!

 投稿者:WP99 【KEN】  投稿日:2017年11月16日(木)22時31分22秒
  今度の年末に催す紅白歌合戦での出場を見てありがたいことだと思いました。
それと同時に思ったのは,選曲の話が出てきます。

決まった曲を歌うのも1つでしょうが,
私は後世にのこしたい曲を選曲してほしいのが望みです。

http://blog.livedoor.jp/painter2000/

 

紅白

 投稿者:  投稿日:2017年11月16日(木)10時49分22秒
  NHK紅白歌合戦5回目出場決定、おめでとうございます。
ファンの一人として嬉しいかぎりです。

 

ありがとう

 投稿者:LIONS  投稿日:2017年11月16日(木)10時29分29秒
  Mari-Hamaさん~へ!
どうもありがとうございました。お誘いした時に連絡先を聞かないといけませんよね。
安心しました。
 

団長さん~へ!

 投稿者:Mari-Hama  投稿日:2017年11月16日(木)08時16分45秒
  旭川の杉岡さんの電話番号がわかるので、ショートメールで確認しました。

最終日の26日(日)オフ会参加<2名>で、宜しくお願いします。
・・とのことでした。
心からワクワク、楽しみにされてるご様子でした。
PCされてないようでしたので、ご迷惑をおかけしました、とも。
 

東京オフ会のご案内

 投稿者:LIONS  投稿日:2017年11月14日(火)13時40分41秒
  東京国際フォーラム公演後のオフ会のご案内をメール配信しました。
11月25日、26日、二日分です。

参加するのにメールが届かない方
参加しないのにメールが届いた方
LIONSへメールでお知らせください。

※旭川の杉岡様
連絡先を知りませんので、もしもご覧でしたら「OK」だけでも書き込んでください。
26日(日)お二人参加で承っております。

 

宇都宮Ⅱ

 投稿者:  投稿日:2017年11月13日(月)17時03分43秒
  「好きです」発言が♪ランナーの前でしたからね、
引き込まれました、感動しました。
♪生きて・・・生きてゆきましょう・・・
あなた・・・あなたのそばで・・・

応援団が前方に集まると盛り上がりますね。


 

宇都宮

 投稿者:かず  投稿日:2017年11月12日(日)18時43分24秒
  下野の民の応援は熱い。
本日のコンサート、真梨子さんのお気に入り、大分さん、京都さん、青年の3人が揃っているのに加え、
観客の応援も熱く、温かく、大変な盛り上がりであった。
オレンジ、ハッピーエンドのスタンディングは当然、前列のほうから着席し腰砕けになることが多い
ラストメールも総立ち状態。もちろん、他の2曲も総立ち。
スタンディングのみならず、要所での声援も真梨子さんの心を捉えたようである。

最後の挨拶で
「私が皆さんに元気をあげないといけないのに、今日は皆さんから元気をいただきました。
有難う。」
「一生、胸の奥に留まると思います」
暫く、言葉につまった後、「好きです。」…小生の胸にぐっと来ました。

  宇都宮 応援熱く 歌姫も ほろりとしつつ 好きですという

ヘンリーさんからの告知
今年のコンサートの模様は、来年元日、WOWOWにて放送されるとのことです。

余計な事
本日は楽団練習日、休憩時間に宇都宮土産のお菓子「宮のかりまん」を配ったところ、大好評でした。
 

18日19日のフェスティバル

 投稿者:wakasa  投稿日:2017年11月12日(日)18時10分43秒
  ぎりぎりで申し訳ございません。
こんな残り少ないコンサートに行けないのは本当に残念でならないのですが

大阪地元ですが参加ができなくなりました。
各日1枚ずつチケットが余ってしまいましたので
もし行ける方いらっしゃればよろしくお願いいたします。

happylifelucky@gmail.com
 

レンタル掲示板
/171