teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


福岡オフ会のお誘い

 投稿者:LIONS  投稿日:2017年 9月20日(水)10時28分47秒
  10月28日(土)「福岡サンパレス」にオフ会を設定します。

時期的には早いのですが、幹事さんと会場の都合で参加者募集を開始します。
オフ会参加希望の方は、
「ハンドルネーム」「参加人数」を明記の上、LIONS下記メールアドレスへお申し込みください。

締め切り、9月28日(木)とします。
LIONS:kojimamr@ivory.plala.or.jp
 
 

広島オフ会参加者の確認

 投稿者:LIONS  投稿日:2017年 9月19日(火)12時43分24秒
  10月8日(日)「広島文化学園HBGホール」
広島1日目オフ会の参加者確認メールを配信しました。

参加するのにメールが届かない方
参加しないのにメールが届いた方
LIONSへご連絡ください。
 

黄昏人

 投稿者:そうきゅう  投稿日:2017年 9月18日(月)14時20分29秒
  かずさんお久しぶりです
黄昏人(たそがれびと)生歌楽しませていただきました
かずさんと同じCDでよく聞きましたTHE BOX vol.4 11曲目に入っています
この曲は東映映画「化身」の主題歌です今から30年ぐらい前でしょうか?
渡辺淳一さんの小説が映画化し藤竜也さん 黒木瞳さん主演で黒木さんが
宝塚退団後 初映画主役そして濡れ場を演じることで宝塚の名を汚すと
話題になりました 映画は藤竜也さんと阿木耀子さんの濡れ場から始まり
黄昏人が主題歌になっていますがエンディングで藤さんアップからイントロが流れ
夜の街明かりに変わり真梨子さんの声が響くように感じたことを蘇りました
しかしCDで100回聞くより生歌1回聞くに勝るものはありません
今年の真梨子さんはすごく元気で皆さんと一緒に応援できることに大満足です
かずさん楽しみに待っていてください
 

チケット転売の注意

 投稿者:LIONS  投稿日:2017年 9月18日(月)12時20分36秒
  ハローさん、先日のライドさんへ。
投稿に際しては特定のハンドルネームで統一してください。
あたかも違う方のように見せているように思えます。

また、チケットは定価8,500円での転売としますのでよろしくお願いいたします。
マリーズツアー管理人 LIONS
 

早く聞きたい

 投稿者:かず  投稿日:2017年 9月17日(日)11時38分25秒
  黄昏人、CDでは何十回となく聞いていますが、生ではまだ聞いたことがありません。
10月15日森のホールは、絶対行かねば。あと約1ヶ月が待ち遠しい。
それまでリスト変更しないでね。

デイブレイク、いいですね。大好きです。数年前のコンサートでも歌われましたが、
ツアーの早い段階で、リスト変更され、聞けなくなったという記憶があります。
 

続・神戸徒然日誌

 投稿者:HIROMASA  投稿日:2017年 9月17日(日)10時15分5秒
  神戸は雨の一日。台風が接近している割には、まだ風は弱い。
三連休の初日とあって、若い男女が、オジサン・オバサンが、異人館やら中華街やらを闊歩して、結構賑わっている。嵐の前の静けさなのか。おーい。台風はどこだ?(9月16日、神戸国際会館)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆初めての人

「この雨でキャンセルが出るかと心配したけど、沢山来てくれたね」
「女性なら解ると思うけど、台風や雨のときは、体の調子が変になるのよね」

「あ、女性って言ったって、歳がいった人の場合だよ」
はい、オジサンには皆目解りません。

「初めての人、いる?」
拍手を返したのは、会場の半分ほどか。それにしても多い。

「うわっ、かなりの人だね」
「昨日も初めての人が多くて、もう緊張したよ」
「私の歳、知ってるでしょ? 何で今頃なの? 誰のコンサートに行っていたの?」

「それで、初めて私を見る気持ちは、どう?」
「・・・」
「ん? いま、小さな声で“キレイ”って言ったよね?」
魔法の耳を持った真梨子さんのこと。都合のいい声だけを聞き分けて、ニコッとご満悦。

◆嫌な男と嫌な女

トークのバトンを受け取ったヘンリーさんは、両手を揉みながらマイクの前に立って口を開きます。
「神戸の皆さん、今晩は」

「ボクは、真梨子さんと一緒に音楽をするようになって44年です」
「その当時は、イヤな男、イヤな女で、犬猿の仲だったんですよ」
「でも、お互いに触れてはいけない部分は、触れないようにしたから、長く続いてきたのかも知れません」

嫌味な男と生意気な女が、なんと最愛のカップルになるから、世の中は解らないもんです。
「僕たちは、籍を入れて24年です。来年は銀婚式かな?」

「来年は45周年を記念して、オリジナルアルバムを出します」
「もう制作にかかっていますが、力作の曲を入れてます。買ってくださいね」

◆黄昏人

♪似合わない声をたてた夜
   ♪星のかけらばかりみていた

♪背中をなぞれば あのとき
   ♪みつけたホクロ 場所がわかる

「定番曲の代わりに、昔の埋もれた曲をメニューに入れてほしい」という願いが叶ったのか、ツアー途中から“蜃気楼”が抜けて“黄昏人”が入りましたね。

どちらも同じ作詞家と作曲家だから、という訳でもないでしょうが。
鳥の巣のような頭の若い真梨子さんを、ふと思い出してしまいます。

ところで、この詞に触れると、連想してしまう曲があります。それは、
“デイブレイク”
来生えつこさん作詞のこの歌は、何年か前のツアーでも歌われました。

♪はだけた胸元には 細かい汗が
   ♪てのひらでそっと 拭ってあげる

♪あなたが眠りながら 私の体
   ♪無意識に探す 指を這わせて

とくると、さらに連想が働いてしまいます。それは、
“夜明けのミスト”
これは真梨子さんの作詞によるものです。

♪あなたの白いシャツが ブルーに染まる
   ♪夜明けにほんのり 淡く浮き立つ

♪疲れて眠る貴方の 唇に近づいたら
   ♪寝がえりをうつ その手は ぎこちなく 私を探していた

いずれの曲も懐かしい。“惚れ薬”が効いているのは共通しているようで・・・。

◆漫才コンビ

「ヘンリーバンド・プレイは“恒例”です。皆さんと同じです。(高齢)」
自分のステージと勘違いしている漫才師は、客席を覗き込みながら笑いを誘います。

このあとは、小松崎さんと漫才の始まり。
「何歳?」
「恥ずかしながら69歳です」

「真梨子さんと同じ。いや、学年は一緒だけど、歳は真梨子さんが一つ下」
「うん。そこは、拘るよ」
「そう、間違えたら、真梨子さんが起こるよぉ」

「じゃ、人生の幕が閉じようとしてる爺さん。あっちのリハビリコーナーに行きましょ」
二人は、音程の違うドレミパイプをとっかえひっかえ、白いヘルメットに叩いての“桃色吐息”を開始。

ところが途中で、水戸黄門の主題歌に変わってしまう。
「あれ、違うぞ!」

そのうち、また水戸黄門から“桃色吐息”に変わるやらで、もうシッチャカメッチャカ。
「お、戻ったぞ!」

ツアー初日に比べたらミスが格段に減って、演奏の“精度”が向上しました。
しかしながら、ミスがあるからこそ会場を笑わせる訳で、下手な漫才より面白い。

◆帰りは怖い?

「今日、これからヘンリーさんやマネジャーと一緒に飛行機で帰るの」
「いま台風が来ているでしょ?」
「揺れるだろうね。生きた心地がしないだろうね。ああ、ドキドキするよ」

ヘンリーさんの腕にすがって悲鳴をあげる姿が、目に浮かぶようです。
しかし、そのヘンリーさんにしても、生来の飛行機嫌いだから、どうなることやら。

「ほかのメンバーは新幹線だよ」
熱燗党の連中は、台風などお構いなしに、スルメなんがしゃぶりつつ、缶ビールをプシュッと開けている姿が、これまた目に浮かびます。

いずれも、夜遅く無事に東京へ帰還したそうで、ヤレヤレでした。

◆勇気づけ

「オバサン、疲れたよ!」
「服は重いし、腰は痛いし・・・」

このところ、疲労を訴える言葉が出るようになりましたね。
この小さな体で、20曲余りも渾身の力で歌っていれば、そりゃ疲れることでしょう。
力を抜いて楽に歌うことを知らないから、なおさらです。

そんな状態の真梨子さんを気遣ってか、客席のあちこちから激励のエールが飛んでくるのです。
「頑張って~!」
「真梨子さん、ステキ~!」
「ギンギラに輝く真梨子さんが、大好きで~す!」

その声援の多さが意外だったのでしょう。温かい声に包まれて呆然と立ち尽くすことしばし。
そして、ややあって破顔一笑。

「私を勇気づけてくれて、ありがとう!」
その目には、キラリと光るものがありました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

終演後、ホールを出て見れば、なんと雨があがっている。傘をたたんで神戸の街を歩き、洒落たイタリアンで9人オフ会。
今宵はイタリアに行った気分で、ワインのグラスを傾け、パルマ産生ハム、ミラノサラミ、神戸野菜のサラダ、マルゲリータ、ローストビーフ、リゾットなんかを胃袋に収めて、もう満腹。
台風は、忘れちゃおう。


 

広島チケット

 投稿者:LIONS  投稿日:2017年 9月16日(土)23時57分58秒
  10月8日(日)広島のチケットが1枚新たに余りました。
ご希望の方はLIONSへメールでご連絡ください。
会員の方で、14列だそうです。
kojimamr@ivory.plala.or.jp
まで。
 

かずさん、有難うございます!

 投稿者:トモ  投稿日:2017年 9月16日(土)23時02分3秒
  かずさん、有難うございます。早速レコチョクで購入し、今約30年ぶりに聴いています。感激です。この曲は不安な受験期の心の支えでした。今聴いても、この歌の世界に引き込まれ、鼓舞されます。CDも注文しました。有難うございました!  

曲名

 投稿者:かず  投稿日:2017年 9月16日(土)21時57分48秒
  トモさんへ
お尋ねの曲は次の曲かと思います。

曲名:「にがいラプソディ」
収録アルバム:我蘭憧 1983年リリース
 

曲名を教えて頂けませんか

 投稿者:トモ  投稿日:2017年 9月16日(土)15時22分49秒
  トモと申します。高校生の頃、「桃色吐息」で真梨子さんを知り、受験期は真梨子さんのレコードを聴いて過ごしました。今でも「祥寺クイーン」を聴くと受験前日の緊張した気分がよみがえります。

ところで、1つお願いがあるのですが、次の歌詞が入っている曲のタイトルを教えて頂けないでしょうか。その頃買ったベストアルバム(ミュージックテープ)に入っていて気に入っていたのですが、実家を出て何十年も経ち、もう現物も無く、分からなくなってしまいました。
「愛のブーケの海 drifting love 甘く泳がされて can't say good bye」
というような歌詞です。曲名が分かれば是非それが入っているCDを買って、再び聴きたいと思っています。よろしくお願い致します。




 

神戸徒然日誌

 投稿者:HIROMASA  投稿日:2017年 9月16日(土)10時59分10秒
  不気味な台風が、西の海に停滞してるらしい。
昔から、真梨子さんのステージには、台風が襲来すること夥しい。嵐を呼ぶ女?
そういえば、一昨年も神戸公演が中止になったっけ。(9月15日、神戸国際会館)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆世界で一番可愛い

「皆さん今晩は~。今日は飛行機でやってきました」
「空港から車で来て、まだ一歩も外に出ていないよ」

「遠い所から来た人、いる?」
「サッポロ~!」
「ナゴヤ~!」
「オカヤマ~!」

と、そこに飛んだのは青年の声。
「真梨子さ~ん。世界で一番可愛いで~す!」

お世辞でも嬉しいのか、聞きなれたセリフに相好を崩すばかり。
「うふふ。“世界で一番可愛い”だなんて言われると、いい気分になっちゃう」

「ウチでは、言われたこと・・・、ないっす!」
そう言って背後に視線を送ると、スポットライトに浮かぶはフルートを抱えた銀髪紳士。

次の曲の準備にかかっていたところに、突然の不意打ちだから、目を白黒させて大慌て。
何のことやら意味もよく解らず、ただ照れ笑いをするしかありません。

◆可愛いと言って

「いまライトに当たったヘンリーさんです。さっきは、どうもありがとう」
「え、え、何のお礼ですかぁ?」

「“世界で一番可愛い”って言ってくれたでしょ?」
「え、言った? いや、あの。気持ちの中だけは、そう思っていますが」
状況もわからず、真梨子さんの突っ込みに防戦一方。もうタジタジでした。

やっと落ち着いてマイクに口を寄せると、
「しかし、そんなこと、あまり言わないほうがいいかも。世間では仲良し夫婦が問題を起こしてますから」
「ウチは、何とか無事にやってますがね」
可愛いと言って欲しい奥方と、照れるばかりのご亭主。この戦い、奥方に軍配あり。

◆メンバー紹介

「アンコールはメニューに入ってる、って私は思ってるの」
「だって、アンコールのないライブって、ないでしょ?」

「でも、家に帰る時間や駐車場の都合なんかで、アンコールの前に帰っちゃう人が、1人でも2人でもいるかも知れないでしょ?」
「そしたら、『僕らの名前が分からずに帰っちゃうから、その前に紹介してくれ』って、言われたの」

「バンドの皆にとっては、大切な時間なのね」
「私にとっては、どーでもいい無駄な時間。・・・じゃあないよ。」

うっかり言いそうになった言葉をグッと飲み込んで、
「だって、大事なバンドだもん」
そして間髪入れず、
「ドラムズ、ヤマシタマサト~!」

◆三文手品師健在

「サックス!」
真梨子さんが発するや、ティシュボックスを抱えた黒い顔の手品師が、意気揚々とステージ中央に登場。
ボックスから数枚のティシュを取りだし、クシャクシャに丸めこんで客席に投げると、白い糸が放射線状に広がって、蜘蛛男のよう。

ツアーの始めは、紅いステッキから花を取り出す手品だったのに、
「今年の、つまんない」
と真梨子さんからダメ出しされて、ティシュ方式に変更するも、こりゃ大同小異。

そして、白い糸で隠しながら、ゴニョゴニョと自分のCDを取り出して、最前列に差し出すも、お客さんの手が伸びてこない。
「あっと驚くことをして、プレゼントしますよ」
なんて豪語していたのに、これには手品師も拍子抜け。

「もらってぇ~」
とばかり、あちこち腕を伸ばした挙句、やっと女性の手に収まった次第。

肩を揺すりながら定位置に戻るその背中に飛ぶのは、呆れた真梨子さんの声。
「ゴミが散らかってるよ」
「もう、好きなんだからねぇ」

◆以心伝心

「立ってくれて、ありがとう。ゆっくりお座りください」
“グランパ”を歌い終えたときの決まり文句です。

「私なんか、総立ちって訳にはいかないけど」
「そういえば、吉田拓郎のコンサートに2回行ったけど、凄いね」
「最初から総立ちだったよ。ついていけないから、ワタシ座ってた」

そうそう“グランパ”の間奏でのこと。
ふと真梨子さんが背後にニコッと微笑むと、ヘンリーさんもニコッと返すのです。

また歌姫が呟きを添えて笑みを送れば、これまた口を僅かに動かして返す。
そんなやり取りがあって、殆ど無言の会話が二度三度行き交っていました。
目と目を合わせれば、可愛いなんて言わずとも解る。これぞ以心伝心の妙でしょう。

◆真梨子さんのエネルギー

「前の方の人、眩しかったでしょ?」
小首をかしげて、笑顔で語りかけます。

「ライトが当たったから、皆さんの顔がよく見えたよ」
「1曲だけのことだから我慢して。許してね」

自走式ライトが、客席に光線を投げながら、真梨子さんの背後を下手から上手へ走るとき、一階席の前方では目がくらむようになります。

しかし、その一瞬。よく見ると真梨子さんが逆光に包まれ、ピンクのドレス、栗毛色の髪の輪郭が、神々しく輝くのです。美しくも幻想的な光景をご覧あれ。

「ドレスは重いし、脚はだるいし、腰は痛いし・・・」
「でも、皆さんに会えて嬉しかった。ありがとう」

今宵もステージを終えれば、ぐたっとしてしまうのでしょう。
日常ではただのオバサン?なのに、ステージに立つとガラッと変わって輝きを放つのはなぜか。
会場に駆けつけてくれるファンが、そのエネルギーであるのは間違いないでしょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

終演後は、三ノ宮駅近くのビルへ歩き、小洒落た居酒屋で10人オフ会。
窓越しに夜景を見下ろしながら、まずはプレモルで乾杯し、宮城、埼玉、千葉、兵庫、山口から集合した面々は、あれこれと真梨子さん談義。
料理といえば、野菜サラダ、ポテサラ、寄せ豆腐、鰹のタタキ、鯛のお造り、秋茄子の肉味噌田楽、鶏の鉄板焼きと続いて、鯖の押しずし、氷菓でシメとなりました。

 

広島チケット

 投稿者:LIONS  投稿日:2017年 9月16日(土)08時46分11秒
  即完売しました。ありがとうございます。  

広島2日目チケットあります

 投稿者:LIONS  投稿日:2017年 9月16日(土)00時52分14秒
  10月9日(月祝)広島2日目のチケット1枚あります。
ご希望の方はLIONSへご連絡ください。
kojimamr@ivory.plala.or.jp
仲介いたします。
6列目だそうです。
 

松戸森のホール21オフ会

 投稿者:真矢  投稿日:2017年 9月12日(火)21時21分33秒
  10/15(日)の森のホール21のオフ会の幹事をやることになった真矢です。

と言うことでオフ会参加者を募集します。
参加される方はハンドルネームと人数を、以下のメールまでお知らせください。
y-sny@jcom.home.ne.jp

締切は9/24(日)とします。

ご参加、お待ちしています。
 

ありがとう

 投稿者:LIONS  投稿日:2017年 9月12日(火)14時38分53秒
  MAYUMIさん、応援情報をいただきありがとうございました。
千秋楽までご一緒出来て嬉しく思います。
また一緒に呑みましょう!
 

後半の応援情報です

 投稿者:MAYUMI  投稿日:2017年 9月11日(月)20時58分4秒
  多和田さん、お久しぶりです。お元気そうで安心しました。
名古屋公演のレポートをありがとうございます。

LIONSさん:
遅くなりました。後半の応援情報です。
お手数ですが宜しくお願いします。

・10月20日(金) 相模女子大学グリーンホール
・11月26日(日) 東京国際フォーラム

「府中の森芸術劇場」と「コラニー文化ホール」は残念ながら行くことができなかったので、
残りの2公演には是非とも足を運びたいと思っております。

ご一緒される皆様、どうぞ宜しくお願いいたします。
 

名古屋で

 投稿者:LIONS  投稿日:2017年 9月11日(月)18時34分40秒
  名古屋公演の1日目の終演時、似た感じの方がいるものだと思いました。
2日目、会場を足早に去る方を見て「間違いない」と確信し
地下鉄駅のホームで肩を叩かせていただきました。
それが多和田さんです。
懐かしく昔を思い出しましたよ。
毎年、名古屋公演にはお見えと伺い嬉しく思いました。

足早に追い抜かれた時にお話ししながらあるいていたのが、
natuyoさんです。
こちらもお孫さんの世話が大変ということで名古屋くらいになったとのこと。

2日目は久しぶりにお会いできた方に嬉しくなりました。
また来年、名古屋でお会いしましょう。
ありがとうございました。
 

ハーモニカ・ダンディ

 投稿者:HIROMASA  投稿日:2017年 9月11日(月)16時58分25秒
  多和田さん。お久しぶりです。
お元気なご様子で安心しました。私が「てまり」に加入したとき以来、かれこれ20年にもなろうかという歳月ですね。

その昔のオフ会では、哀愁溢れる素晴らしいハーモニカの旋律を、何度か聴かせていただきました。
気が付けば、紅顔の美少年?だった私も、すっかり爺になってしまいました。いや、懐かしいです。


 

久しぶり

 投稿者:かず  投稿日:2017年 9月11日(月)16時44分46秒
  多和田さん、久しぶりですね。
懐かしいです。またどこかでお目にかかりたいです。
 

名古屋2日目

 投稿者:多和田  投稿日:2017年 9月11日(月)14時54分34秒
編集済
  日曜日は17時ジャスト開演。

前日とはうって変わってオレンヂから総立ち。
ステージのパフォーマンスとの一体感すごかったです。
コンサートでしか味わえない醍醐味満喫ですね。

真梨子さんMCで「岐阜の人は目立ちがり屋なの?」と万照さんをいじり
万照さんはヘンリーバンドコーナーで小松崎さんをいじる素敵な
コンビネーションの楽しいステージでした。

歌もさる事ながら真梨子さんの素敵な衣装、バックの演出効果も楽しめますね。

セットリストが変わった曲は映画のエンディングロールで流れた曲です。

帰りの地下鉄でLIONSさんにお目にかかったのは偶然か必然なのか?
いつもは日比野駅なのに今回は西高蔵駅利用でした。

私的にハーモニカ演奏は続けていて、今年の発表会ではYouTubeを見て練習した
♪五番街のマリーへを演奏しました(恥)。
 

レンタル掲示板
/168