teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お化粧3

 投稿者:鳶職人  投稿日:2017年 5月21日(日)00時33分50秒
編集済
    だんだんわからなくなってきた。

いったい女子はお化粧でどこまで変わるのか。

お化粧に限界はあるのかないのか。

電車に乗ることが増えると特に阪急電車には毎日とまではいかないが1000年に一度生まれるかどうかの美しい女性が乗っている。

しかし  実は本質を見極めることが出来ない俺は、三宮から仕事に取りかかり加古川で別人に変わっている女子大生の観察をしている俺は、  もう何がなんだかわからなくなってきた。

綺麗な人だと思ったらキュンと来るという宇宙の法則がある以上素直に反応したい。

ところが噂の女子大生を観察し過ぎたので「 まてよ   そのまつげ  竹槍みたいに長すぎないか(((・・;)」  とか  「うーむ。引き込まれてしまう!!(゜ロ゜ノ)ノ」    と思ったら冷静に目の周りの色を点検してしまうとか、 なんだか美に対し疑いの目を持ってしまって悩ましい。


わかっている。別にお前の為にお化粧してるんちゃうんじゃ、ということぐらいわかっている。

純粋に科学的にお化粧に興味があるのだ。

素敵な人だと思ったらお化粧してようがしてまいが、別人のような顔に変身しても関係ないのだ。

ゴジラのようにタバコの煙を吐くような人でなければ全然関係ないのだ。

目がパンダのようなメイクに反応しまくった時代もあったが、そんなことならパンダに告白したら良かったんだ。

どうやら相当視覚的な要素が今まで大きかったんだな。


男に関しては外見で怖そうだとか弱そうだとか全く思わないのに本当に不思議だ。

見る目ない。

サウザーにやられてしまったがシュウのように心の眼を開くのだ。

鉛筆で一本線を引くだけで「うわ!!(゜ロ゜ノ)ノ」てなるくらいやから確かにお化粧は魔法なのだ。

まつげが巨大化しただけでも「えっ!!(゜ロ゜ノ)ノ」てなるのだ。

ムー、アトランティス時代から脈々と進化し続けてる魔法なのだ。クレオパトラもびっくりしてる。


俺が三宮から加古川までのあいだもしメイクしたとして変わるのだろうか。パーマを当てても誰にも気づかれなかった俺は果たして美しく変身するのだろうか。

もはや職人の世界なのだ。美しさとの闘い。ここまで美しくてええんかよ、というシビアな世界。並の左官屋さんじゃ勝てない。

それを毎日毎日観察している俺は色々と考察してしまうんだ。

  毎日毎日  ファッションもバリエーション豊か。  心の眼で観察しだした俺はファッションによって微妙にお化粧のニュアンスが違うことも見抜いている。

ペラペラの革ジャンに袖を通さず肩にかける番長スタイル。 パンツは昔のもんぺみたいなボンタンみたいなよくわからんワイドパンツが主流。だいたい水色。

この時は若干口紅が濃い目の赤やねん。 なるほど革ジャンの黒によく映える。

そして普通にジーンズとよくわからないニューバランスのスニーカーの時は、天気関係なく野球選手みたいなキャップをかぶる。

この時は口紅が若干薄いピンクみたいだな。  パタパタ叩く工程は一緒。

……長くなってしまった。 絶対誰もここまで読んでないとは思うけど我ながら暇すぎる。 本当にまだまだ色々発見があるのだがまじでやめておこう。   そんなことより鉄骨図面を見ないと駄目じゃないか。  ちゃんと有意義な掲示板にしよう。  
 
 

六甲山登ってみた

 投稿者:鳶職人  投稿日:2017年 5月 6日(土)17時41分29秒
     ゴールデンウィーク 飲んでばかりもどうかと思い六甲山に登ってみることにした。

パタゴニアパタゴニアという割りに靴はエンジニアと雪駄とコンバースだけ。    アウトドア出来へんやん。

昔の人は地下足袋やら草鞋で山登ってたんやからコンバースでも行ける思て早速準備。

実家はちょっと車で行けば六甲山なので住宅街の最果てにハイキングコース入口があるのは知っていた。

しかし入口探すのに30分くらい迷子なって帰りたくなったが、親切な人に教えてもらって何とか入り口に。

うーむ。こんなとこから本当に六甲山山頂に行けるのか? と思ったが頑張ることに。

薄暗い平坦な道が続いて「なんじゃ  こんなもんかい」と思ってたけど、だんだんしんどくなってきた。

着替えとかタオル忘れた(>_<)  弁当箱しかない!  せめて水筒は要るやろ(>_<)

だんだんしんどさを超えてまじで太ももが痛くなってきた。

山頂まで~キロ  とか書いてないから、いったい何時間かかんねんと思って登って下って繰り返してたら車道に出た。  山頂への矢印は車道になってる。

「あ もうすぐや!」と思って頑張ったけどもはや足腰が弱すぎて話ならん。

バスとかタクシーおらんかなとついつい何しに来てるのかわからない発想になる。

弱たんヘタレな自分に対し頭がおかしくなった時や極度のストレスで出てくる笑いが止まらない。

まじで足腰弱い(>_<)  情けなすぎたら人間笑いがでてくるんだな。 新発見。   俺が突然笑いだしたら危険のサインなんで皆さん助けて下さい。

山頂まで300㍍とあったが、300㍍があまりに遠く感じてタバコ吸って考えることにした。

冷静に考えてここは一つ頑張ることにした。

山頂    綺麗じゃないか。 今までの苦労が嘘みたい。  カップルや友人と来た訳じゃないし記念撮影も自撮り技術が低すぎてなかなか撮れない。 六甲山最高峰の立て看板の前、 「早くのいて下さい!」という空気をひしひし感じた。

俺にしては頑張った。  あとはヒッチハイクに切り替えて楽して帰るか、、  いや頑張ろう。


よく見たらコンバース靴ひもゆるゆるやんか。  どうりで足とられる思た。  気付くん遅い(>_<)

ひもをがっちり結んだら楽になった。  当然か。  登山なめすぎた。

帰りは芦屋を向いて行こう。   お? 靴ひも締めただけでこんなに違うんかい!   楽勝!

とはいえキツかった(>_<)   優しいクマさんが現れて背中に乗っけてくれたらな(>_<)

まあまあ後半で芦屋ルートでは有名なロックガーデン手前でお母さんとちっちゃい女の子に道を尋ねられた。

「すいません 元来た道がわからなくなって助けて下さい」

「え!!(゜ロ゜ノ)ノ     すいません  僕は超初心者でもう足がガクガクです!」

「このまま下ると梯子でおりないと駄目なんです。 この子ではとても無理で、、  来た時そんな道じゃなかったのに(涙)」

「 なんか別の道あるんちゃいます?  とにかく僕は頼りになりませんよ!  弱たんですよ!」

「だけどさっきから誰も遭遇しないし不安なんでついていきます。」

困ったぞ。  責任持てないぞ。

しかしまじで付いてきた。  今や俺はこの親子の希望の灯火。  頑張ろう(>_<)

としばらく無言で下ってたら分岐点っぽいとこ見つけたら運よく登山の達人ぽいおじさんが「どっちも行けるけど、そっちは梯子ある。 まあ大した梯子ちゃうし大丈夫です。」とアドバイスくれた。

これか!   助かった!  これでこの子も下れる!   お母さん嬉しそう!

「良かったですね!」  これでゆっくり休憩しながら帰ろう思たけど「 良かったです!付いて来て良かったです! 下山するまでよろしくお願いします!」

と言われてタバコも吸えず下山まで延々と付き合った。

聞けば女の子は俺と遭遇するまでもう歩けないと泣いていたそうな。

それがいきなりガッツ出して歩きだしたので本当に助かりましたと、

いやぁ   照れますわ。   頼りなったでしょ!
やる時はやる男です僕は。


運よく登山の達人に聞けたから良かったものの、
そして女の子が頑張ったから良かったものの、まじで俺がおんぶしてロックガーデンやら岩場下りれたか?

絶対無理。なんぼ火事場のくそ力出しても俺は前半の疲労でまじでアカンかったもんなぁ。

良かったわ。女の子、よく頑張った。  お母さん、よくこんな赤い服着てコンバースな俺に付いてきた。


ちょっと下半身強化してリベンジしてみよう。 もうちょいましな靴も欲しいな。

六甲山いうてもなかなかこたえます。   ちゃんと準備してから行きましょう。   俺みたいなのが一番遭難するタイプです(>_<)
 

お化粧2

 投稿者:鳶職人  投稿日:2017年 4月25日(火)11時47分34秒
    騙されかけた。   加古川で降りる噂の女子大生、今日は早起きしたのか三宮からばっちしきまっていた。

2流3流の男の多くはあの完成形、いやまつ毛補強、二重まぶた加工手前の西明石の時点でイチコロでやられるのだろうが本質を見抜く俺は大丈夫だった。

とは言うものの、今日は対面ではなく横に座ってらっしゃったのでオッサンが横にいるよりいい匂いがしてくるし良かったな\(^^)/ラッキー

お化粧のアイテムは設備系の職人並に取り揃えているのだが、今日はメイクの代わりにお勉強をしはじめたのだが、 筆箱は3本くらいしか入っていないんだな。

「ミトコンドリア」 「細胞分裂」 とか汚い字でノートしてたから生物のお勉強だな。 俺も勉強なるわ。 見すぎか。

日曜は神戸でアキラバンドとスミレ座、夜はメレでルチャドールズか。    みんな楽しそう(^^)

仕事はだいたい目茶苦茶楽ちんやわ早く終わる日多いわ春のスタート上出来じゃわい。
 

お化粧

 投稿者:鳶職人  投稿日:2017年 4月22日(土)18時01分40秒
  今月から姫路駅前の現場に出向いている。 昔USJハリーポッターの鉄骨工事でお世話なった親方に声かけられた。

俺は情けないことにいまだ実家暮らしの身分なので妹たたき起こしてJR芦屋まで送ってもらうのだ。

すると新快速に乗るとなんと50分で着くのだ!現場のスタート8:30で良かったわ?


考えられん早さ。

いままでは芦屋から姫路まで座れなかったのだが最近必勝法を発見し絶対三宮から座れる車両を見つけた。

そしてこのサラリーマンは三宮、 このリュックサックのサラリーマンは西明石、  とだんだん個人の顔まで把握してきた。

三宮で降りるサラリーマンはだいたいいつも同じとこ座ってるからそいつの前に陣取るのだ。

こっちも姫路まで立つか座れるかの勝負がかかっているので本気なのだ。

陣取ることが出来たらもう安心!

すると最近大学生かはわからないがだいたい同じ席で一緒になる女子が気になりだした。

なぜならその女子は加古川で降りるのだが三宮で座るや否や、バッグからいろんなアイテムを取りだし化粧しだすのだ。

三宮の時は失礼ながら全くぐっと来ない。  しかし加古川で降りるときは仕事が完了して別人に変わっているのだ!!(゜ロ゜ノ)ノ


最初は肌色のパフみたいなのでパタパタ叩くのだ。土木でいうとランマで圧を与えて土を締めて地面をならすんだな。

その後ほっぺたがほのかにピンク色のものでパタパタやるのだ。

おっ(゜ロ゜)  なんだか少し良くなったぞ。サビでコーラスが入ったみたいに少し厚みがでる。ギタリストでいうとこの空間系のエフェクターやな。


そこからが難しくてなかなか作業手順が覚えられないのだが色んな色の鉛筆みたいなのでまぶたに線を引きまくるのだ。


それにより目が3Dのようにくっきりしてくるのだ。 これは凄い。地道な作業だが一番効果がある。なにやら引き込まれてしまう(((・・;)

だいたいここまでの一連の作業工程が西明石まで続くのだが、そこからは勝負が早い。まつげが魔法のように伸びて太くなり、仕上げで鉛筆みたいなスティックみたいなものでぐりぐりやってるうちにくっきりパッチリ二重に変わっているのだ!!(゜ロ゜ノ)ノ


はっきり言ってかなり可愛いい気がする(((・・;)

しかし 一連の作業工程を全部見ているので、三宮の時のあなたは普通なんだよな。

俺分かってきた。   女子はお化粧でめちゃくちゃ顔変わるんだな。  もちろん電車内でお化粧やってる時点でアカン思うしな。

しかしアホやから三宮からあの状態で目の前座ってたら「きゃー  綺麗な人やわ!!!(゜ロ゜ノ)ノ」いうて喜んでるんだろうなあ。

……顔じゃない顔じゃ。

成長せえ成長。

  ええ勉強なるわ電車通勤。            
 

曲って

 投稿者:鳶職人  投稿日:2017年 4月13日(木)21時03分14秒
編集済
    久しぶりに直交クランプスのスタジオ練習の録音を最近聞いていた。

人に何を言われても、まじでいい曲で素晴らしいと思う。 歴代のメンバーそれぞれの個性やその時代の日常が頭によぎりながら聞ける、バンドマンの特権だ。

「あー そういやこの曲最初はこんなアレンジしとったっけ」とか色々思い出すんよね。

曲書いたことない人、あるいは書いた人でも理解不能だと思うけど、俺の感覚上は曲がだんだん人格をおびてくる。  だんだん友達みたいな感覚になる。

目茶苦茶昔書いた曲は自分の中で勝手に「親方」みたいなオーラがある。  しかしそれはあくまでも自分の感覚で初めて聞く人には「何この子供みたいな歌!」みたいになる。

俺は「親方」オーラだと感じる曲に、「くすぶっててすまねえな、、  いやすいません。」という気持ちになる。

元々仕事以外、楽しかったこと怒りの場面悲しい場面の記憶は人の100倍残っていると自負している。だから一つの曲で思い出すことは半端ではないのだ。

慎ましく一人でも曲作って歌っていくのか、また誰かとバンドやるのか、 とにかくタイミングはまた訪れる。

俺にがっかりしたり失望したりする人 いくらでもいる。   その都度考えてるし反省するし時には塞ぎ混んでる。

だけどそれが終われば何もない。   それでもまた会いたいと思ったらまた会っているしじゃなければ会わない。  後ろを見ながら前向いている。 前向きながら振り替える。


「これはアカンな」と思ったら「もう駄目だ」と思ったら、 大昔の曲達が猛烈にメッセージをくれる。

仮に現実に友達が一人もいなくなっても、 俺は自分の作った曲が友達だ。

だけどその曲を裏切ったら、現実人間の友達はいたとしても俺は孤独を抱えて死んじゃうだろう。

自分自身に嘘はつけないのだ。   魂を誰かに売ることは出来ないのだ。

本来曲はそうじゃないのか。  すなわち自分の魂じゃないのか。
 

フライング バレンタインデー

 投稿者:鳶職人  投稿日:2017年 2月13日(月)19時19分24秒
編集済
    今年もやって参りました。     お正月、1/1に新年を迎えてるはずなのだが、このチョコレートが届いたその瞬間    まさに本当の意味で年が明けるのだ。

もうかれこれ10年くらい頂いているのかな。 そして7年くらいお会いしていない、そうあのお方。  あの貴婦人。

どれだけ辛いことがあったとしても、その一粒で生き返る。  大阪にグリコを超える看板を設置したくなるほど偉大なチョコなのだ。

うーむ  今年は念には念を入れてレターパックで送られてきたな。   万が一妬んだ奴が横取りしても追跡出来るようにか。   あら?   レターパック360か…  いやたぶん追跡出来るんだろう。

うわ(>_<)    また字も美しいなあ。    心の美しさが顕れとる。      はー   玉造やめてこっち引っ越すか。

国宝クラスのチョコに傷がいかぬよう細心の注意を払い開封する。   するとすると、リボンが見えてきた\(^^)/

うわ!!(゜ロ゜ノ)ノ   メッセージが貼られてる?

あかん!!(゜ロ゜ノ)ノ  嬉しい!  心のエネルギーも入りすぎるとフニャッとなるんだな!      倒れかけた。

毎年毎年額縁に入れて飾っておきたい。    引っ越しの際なくなく手放したチョコレートの箱、メッセージ。

会う機会がないのに、 覚えてもらってる嬉しさ(>_<)    今ならマジでシャーレンチ片手にスキップふむ!  例え幅12㎝でも。      ○○○さん いつもありがとうございます\(^^)/   大好きです!  
 

防寒part6か7 忘れてしまった。

 投稿者:鳶職人  投稿日:2017年 2月 3日(金)21時12分49秒
    年明けてからもう一月経ちました。  早いもんだな。

一昨年の秋、 実家に帰って3ヶ月後くらいだったか。 宝塚の兄貴分達の土木の仕事で土砂崩れの災害復旧の仕事のあと(なんの活躍もしていないが) 玉造に戻りたい一心で、会社が玉造なだけで選んだ超小規模な現場の監督、管理をする会社に入った。  半年間お世話になった。

入社初日の仕事が足場の組み立ての現場の監督業務だったのだが、 元々一応プロなので監督せずに普通に職人に交ざって仕事してしまった。

なぜならその方が楽しいから。 見てるだけはつまらない。

その時の職長は若いのにしっかりとしたナイスガイで、より一層手伝ってしまった。

人間の縁とは不思議なものでそのたった2,3日の仕事の印象ではっきりと記憶してもらえた俺は、 年明けその職長から仕事に誘われたのだ。

なになに、今は足場の組み立てから鉄骨の仕事をメインにやってると。    そして何事も盛って話をしてしまう俺は鉄骨もめちゃめちゃ経験者だと聞いてたのでと。

……盛りすぎた。鉄骨あんましやってない。

しかし嬉しいではないか。たった3日の仕事で声かけてくれるなんて。覚えてくれてるなんて。

そしてこの寒い寒い季節に超久しぶりに鉄骨の仕事に参加している。

まあ仕事の話は今日は置いとこう。既に長い話になっているけど。

とにかく鉄骨は溶接、ガス、火の粉がばんばん落ちてくるから基本作業着は綿素材じゃないと駄目だ。

ポリエステルなど一撃でアウト。 フリースなど一番外に着るなんかあり得ない。レトロXは使えません。(持ってないです。)

まあその辺は大丈夫なのだが、一昨年くらいから狂ったようにパタゴニアパタゴニアと言うてた俺はやっぱり綿、コットンやな思た。

R1という、明治の乳酸菌みたいな名前のフリースは活躍している。

しかしインナーにメリノウールを着ると静電気が大発生して不快。

キャプリーンというポリエステルのインナーは持ってないから、毎日静電気が発生して嫌だな。

メリノウールが快適過ぎて、これ以外考えられん。

しかしR1に匹敵するものがない。

ナノエアというのも買ったけど、俺はさっぱり良さがわからない。

ナノエア高かったなあ。


アウトドアいうても、火の粉がばんばん落ちてくるアウトドアは無いと思う。 焚き火くらいやもんな。

そして人類の長い歴史の中で、やれポリエステルだのナイロンだの果てはゴアテックスだのはつい最近やんか。


通勤通学の寒さだけ凌ぐならなんでも良いが、ハードな環境じゃ結局自然素材になるんだな。

頑丈なポリエステル、ナイロンもあるけど、火の粉には勝てない。

そこで今年はエルエルビーンのカタディアンアイアンワークスシャツという、いかにも強そうなシャツを買った。   安かった。

作業着より安く買えたけど、  作業着のつもりで買ったんやけど、、  いかんせん勿体なくて朝礼終わったら脱いでいる。 脱いだら寒い。

カッコよくなったぜ?  という楽しみも勿論大切だが、身を守るという意味の服、 そしてその辺りを考えながら服を選ぶのもまた楽しい。

防寒は奥が深い。   マイナス3,4℃くらいまでなら全然へっちゃらの装備はしてる。

それ以上も全然大丈夫。 むしろそれ以上を考えすぎて着る機会がない。 冷凍倉庫でも即働ける。 働きたくないけど。


ウールにコットン。   やっぱり素晴らしいな。  ダウンも欲しいが。

とにかく短期間でもこの寒さから身を守ってくれた服が大好き。丈夫な服大好き。



 

チェスゲーム、チェス入門 β

 投稿者:鳶職人  投稿日:2016年11月20日(日)12時42分12秒
    面白すぎる。 将棋はルールもよく知らないけど、チェスは何となく知っていた。

   たまたまYouTubeでチェスの試合観察みたいなの見て何が何だかわからないものの面白かったので、ネットでゲームを探したらまさに自分にぴったりの親切なサイトを発見したのだ。

    分かりやすい練習問題まで用意されていて、何だか通信制の学校みたいだ。  学生気分を味わえる。

   間違えたあと正解すると「正解!  チェックメイトだよ!」と褒められる。

   入門編としてLv6までゲームが用意されている。


   早速やってみた。   Lv3くらいまでは何回かで勝てたけど、その後自分には難易度が高くて30回くらい負けた(>_<)、素質ない頭悪いやめとくか、、俺は武田信玄じゃあるまいし軍略的な才能ないねん。


   頭が悪いのは何となく知っているのだが、なんか最低限知っていないと勝てない法則があるような気がして調べたところありました!

   定石という名の基本的な動かしかた。武術でいうとこの構え、型!

   そらそやな! 頭が悪い訳じゃないんだな!   戦の神様武田信玄とかも勉強してたんだな!

   なになに    うーむ。   「ルイ・ロペス」という人が編み出したものが初心者には向いていると。

   最初はまん中のポーン出して馬出して、  えっ?   ビショップさんをそこまで突進させる?  (゜ロ゜)

   大事なビショップさんをそんな危険な目に合わせるのは心苦しいけどルイ・ロペスやからな。  信じよう。


   ……よく見たらなんか隙のない陣形になったがな。 しかしどう攻めていけばいいんだ。


   コンピューターもあれよあれよと動いてどこ行っても何か取られるがな!!(゜ロ゜ノ)ノ

  こっから先はまた色んな名前の定石があつて覚えてられん!


   とりあえずポーンを…    あら ?   馬でとってきたか…

   生意気な。   馬で馬を取るで。   自然界にはまず見られない光景や。  肉食馬か。

  あらっ!!(゜ロ゜ノ)ノ     まだおったかお前!   やめろ!

   そんなに序盤から取り合いして、しかも最終俺の駒が一個少ない!

    だいたい損をしたくないケチ、リスクを侵したくない臆病さ、 まさに性格、器の小ささを象徴してるかのようなゲーム展開。 守ることばかり考え後手に回ると必ず負けてしまうゲームだとやっと気がついた!

   そうなのだ。   これは大きな発見だ。


   ポーンが一個少ない状態の替わりに相手サイドに一歩進んでいるのは俺の方だったんだ。

   まだ優勢も劣勢もない状態だったんだ。

   それを物質的にだけ考えてしまうと、 駄目なんだ。

    犠牲を払ってでも相手のキングを追い詰めたら勝ちなんだ。


      すぐ劣勢だと思ってポチっと降参ボタンを押していた。


    投げやりで、すぐ諦める自分の性格がもろに出ている!


    教訓      1 すぐ諦めない
                  2  大事な駒が取られても自分の攻めを止めない
                 3  例え無惨に見えるゲーム展開でも勝てるときがある、引き分けに持ち込める


     まさに人生そのものじゃないかチェスは。

   まさに魂そのもの。

    輪廻転生を繰り返し、 学び続ける魂のように簡単にリセットしては学びは少ない。

     馬が取られたり(車が大破)   クイーンが雑魚ポーンに取られたり(彼女寝取られ  又は妻離婚届け提出)    ルークが活躍しないまま突っ立って( 預金差し押さえ) などなど、  ゲームじゃないならかなり極力避けたいことだけど、 現実問題色々つらいことがもし起こっても、

  チェスを思い出すんだ。

    死なない限り自分のキングは生きてるぜ。


   87回も負けたけど、Lv6に勝ったんや。    なんぼでも来いや。


      
 

続 ハコスカ君

 投稿者:鳶職人  投稿日:2016年10月19日(水)20時48分8秒
    思えばハコスカ君は23歳の時買った。 車などに興味もなく、カッコいい車カッコ悪い車の価値観も無い、まじで興味なかった。

   高校2年の秋くらいにその当時阿倍野区に住んでいた石原家は何を思ったのか宝塚に家を購入した。

    阿倍野区から自転車で10分の高校に通うのも苦痛だったのに、何を考えているんだ(>_<)    あと1年で卒業やのに(>_<)

     学校の仲の良かった軍団は、放課後不健康に近くの公園で喋って、北斗の拳の再放送が始まる前に帰宅するのがセオリーだった。

    宝塚から苦行だと思って通い始めた俺は当然帰宅したら北斗の拳は終わっていて翌日もみんなの話についていけなかった。

     なんだかその時から進路など元から何も考えてなかったけど大阪で独り暮らしをすること自体が目標、夢になった。

    軍団といつまでも仲良くしていたかったのだ。

   卒業直前から玉出商店街近くに部屋を借り、念願かなった。


  しかし軍団はみな、高校生の時から免許を取り始め、バイトをこなし卒業するやいなや車を購入する奴まで出始めた。


   え!!(゜ロ゜ノ)ノ      なんか一歩出遅れたかのような。

    しかし負けてはいられない。   まずみんなと連絡取れる通信設備を整えようとNTTの電話回線をローン組んで買った。

   これでみんなと電話出来ると思った俺は甘かった。


   世はポケベル全盛期は終わり携帯電話が普及しはじめたのだ。

   当時は家電にかけると料金高いので誰もかけてこないのだ。


     つまらないなあ。   酒屋さんでアルバイトしだした俺は初の給料で何か買いたくなってバイト先のおっちゃんの勧めでラジコンを買った。

その時選んだボディーがハコスカのレーシング仕様だった。


知識も先入観もなく、古いも新しいもわからず一番カッコいいと思った。

俺は組上がったハコスカのラジコンを自慢しようと友達に電話をしたが「ふーん。それより俺車買ったで」と言われてワンルームでラジコンで遊んでる俺は、なんかちょっと悲しい感じがした。


みんな大人な感じがして、なんかね。

色々とアホすぎてここでは書けないことばかりなのだが俺はその後も全くお金を貯められず、23歳の時たまたま今のハコスカを発見したのだ。

  「あら?  俺のラジコンやん」   150万だった。


  そんな古い車だったとか日本の名車だとか初めて知って驚いた。

「これ動くんですか?」と質問して車屋に笑われた。

次の日手付金5000円だけ持って買うことにした。


23歳、9/23生まれ、ニッサン、  他にもあるけどとにかく23がラッキーナンバーなのだ。


  そして俺はこの全くモテない車のオーナーになり、オッサンおばちゃんにばかり話かけられるようになった。

   バンドをはじめた。

そして「ブルーライト ハコスカ」という曲を作った。


  自分の夢を乗せたのだ。


  バンドやってる。  夢ある。  お金はない。 嫁もいない。

  ハコスカ

   やっぱりハコスカはまだ手放せないのだ。


   俺筋力も体力も無くなった。  ハコスカも大打撃。

部品ない。   これからどんどんボロなる。

    だけど今はやっぱりハコスカ手放せないのだ。

「夢と情熱ガソリンタンクにつめこんだ

ブルーのボディーにキラリとエンブレム

スカイラインとかいてある」
 

ハコスカ君

 投稿者:鳶職人  投稿日:2016年10月18日(火)17時35分6秒
    実は別に人様に伝えることでもなんでもないのだが、9/28にハコスカ君高速でクラッシュしました。

明け方まで降ってた雨が残っていたのかスピード出してた訳じゃないのにハンドル取られました(>_<)

   俺は東大阪線の法円坂で降りようと左カーブしたのだけど、  いきなり後ろが滑ってってスピンして一回転(>_<)     前ぶつかって回転して後ろも(>_<)

      エンジンはかかったからそのままUターンして仕事行きました。

    悲しかったです。

   初めて事故した。

   単独で怪我ないのは奇跡やけど、

悲しかった(>_<)



    「ありがとう   これでお別れやな?  」て思ったんやけど、 いつも頼んでる車屋さんが超破格で直す言うてくれたので直すことにしました。


   完全に儲けなしの仕事を引き受けてくれるのは、その車屋さん旧車愛してるからなのだ。

   普段はオデッセイやフィットなどホンダの車扱ってるけど旧車専門の車屋さんで働いていたのだ。


   妹の車はフィットだ。  最高に楽チンだ。   俺の車にしたい。   これなら安心して通勤出来る。


   しかしながら   ハコスカ手放すなら他高いお金出してまでして車買う気にはならない。


   壊れてはいサイナラ、は寂しい。     しかしお金も無いのに直して、   車の要らない大阪市内にまた引っ越ししたいなんて、  もはや何をしているこっちゃわからない。


      なんでスピンしたのか      手放せというメッセージなのか   色々考えたのだ。


    世の中みんな家族の為、親の為、 子供の為、みんな好きなものや好きなこと犠牲にして頑張っているんだ。

    俺は何してるんだ(>_<)  馬鹿か(>_<)     それだけの稼ぎあるのか(>_<)

    苦しいことこの上ないのだが、   実際今車がないと身動き取れない。


   大阪引っ越しはちょっと延期して、   直そう(>_<)


      「夢と情熱 ガソリンタンクにつめこんだ

     ブルーのボディーにキラリとエンブレム

    スカイラインとかいてある」
 

レンタル掲示板
/75